新型コロナウイルスに関する注意喚起(55:感染再拡大による外出規制等の強化及び緊急事態宣言の再延長について)

2021/2/3
【ポイント】
●2月3日からの14日間、マレ、フルマレ、ヴィリンギリ、ティラフシ、グリファル、フルレ(空港島)において、夜11時から翌朝4時半まで人の移動が禁止となり、夜8時半から翌朝4時半までバイクを含む車両の通行が禁止となります。
●新型コロナウイルス感染症対策の緊急事態宣言が3月5日(金)まで再延長となります。
 
【本文】
1 モルディブ保健庁は、コロナウイルス感染拡大を防ぐため、2月3日からの14日間、下記の強化措置をとることを発表しました。
●マレ、フルマレ、ヴィリンギリ、ティラフシ、グリファル、フルレ各島において、夜11時から翌朝4時半まで人の移動が禁止されます。(下記※参照)
●マレ、フルマレ、ヴィリンギリ、ティラフシ、グリファル、フルレ各島において、夜8時半から翌朝4時半までバイクを含む車両の通行が禁止されます。(下記※参照)
●公園や公共のレクリエーションエリアへの訪問は制限されますが、運動用に指定された公園については、保護庁の関連ガイドラインに従って使用することは認められています。
●個人のスポーツを除き、スポーツ活動およびトーナメント試合等は制限されます。
※警察、国軍、医療従事者とその車両、救急車、保健衛生緊急オペレーションセンター発行の許可証保持者、早朝の礼拝に迎う者、急患は対象外となります。
 
2 併せて以下の措置が無期限で(解除の発表がなされるまで)施行されます。
●不可欠なサービス提供者が特別許可でマレから他の住民島を訪問する場合、出発72時間前までにPCR検査の陰性証明を取得すること。
●幼稚園、保育園の閉鎖。
●デイケアセンターにおける各サービスの停止。
 
3 経済開発者、モルディブ警察がそれぞれ発表した制限措置等は以下のとおりです(無期限)
●店舗、カフェ、レストランの営業時間は朝5時から夜10時半まで
●各タクシー会社にはそれぞれ10台分の許可を発給し、夜間も運行可能
●公共交通機関は夜10時半まで運行
●ジムはグループでの運動は中止、個々の運動は従来どおり可能
●水、ガスの配達は夜11時まで
 
4 3日、モルディブ保健庁は、新型コロナウイルス感染症対策のため、昨年3月12日に発出した緊急事態宣言を3月5日(金)まで再延長する旨発表しました。
 
5 公共の場でのマスク着用義務他が課せられています。
 
6 各種規制に対する違反者には罰金が課せられますので、十分注意してください。
 
(問い合わせ先)
在モルディブ日本国大使館
代表 +960 3300087
緊急電話 +960 7788492又は+960 7788471
電子メール ryoujimale@mo.mofa.go.jp
お知らせ(電子メール)を希望されない方は、次のサイトから手続きしてください。
(在留届)https://www.ezairyu.mofa.go.jp/RRnet/residencereport/login
(たびレジ)https://www.ezairyu.mofa.go.jp/tabireg/simple/delete