新型コロナウイルスに関する注意喚起(49:観光客を含む短期滞在者に対する入国時の陰性証明書提示要請(修正))

2020/10/15
【ポイント】
●モルディブ当局は、観光客等に対し、英文のPCR検査結果・陰性証明書の有効期限を入国72時間前から96時間前までに拡大しました。


【本文】
  10月14日、モルディブ当局は、15日(木)より、観光客・短期滞在者のモルディブ入国に必要な英文のPCR検査結果・陰性証明書に関して、取得にかかる有効期限を96時間前までに拡大変更し、概要以下のとおり案内しています。

(1)対象者
・観光客
・滞在期間7日間までの特別査証所持者
・滞在期間7日間までのビジネス査証所持者
・外交団
・通過する航空機搭乗員(指定区域の宿泊施設を用意。滞在7日間以上)
・航空機搭乗員
(2)対象外
・一歳未満の乳幼児
(3)検査時期
・モルディブへ出発する96時間前に検査を受検すること。
(4)乗り換え等経由地での滞在(トランジット)
・経由地(乗り換え)時間24時間未満:入国時に提示したPCR検査結果・陰性証明書が有効となる。
・滞在(乗り換え)時間24時間以上:次の旅行先国へ移動する前の96時間以内にPCR再検査。
(5)PCR検査結果・陰性証明書の記載事項
(英文であること)
・旅券記載名
・旅券番号
・検査機関名と住所
・発行者の氏名及び署名
・医師の署名(検査機関の公式レターヘッドを使用している場合は不要)
・PCR検査方法
・検体検査日
・検査結果
(6)提示方法
・書面又は電子データで持参し、空港チェックイン時など必要に応じて提示すること。
・モルディブへの出発24時間前までに、出入国事前申告サイト「IMUGA」を介してオンラインで提出すること。
   事前申告サイトIMUGA 
(7)自己隔離
・上記(1)以外の者は14日間の自己隔離を行い、自己隔離終了時に(指定の検査機関で)PCR検査を受検すること。詳細は、モルディブ保健省ホームページを参照すること。

(モルディブ当局)
モルディブ出入国管理当局(英語)
モルディブ民間航空局(英語)