新型コロナウイルスに関する注意喚起(40:諸注意)

2020/8/4
【ポイント】
●モルディブ保健庁は、首都マレ市で、商店、飲食店等における新型コロナウイルス感染症対策の点検を実施しています。
●8月1日(土)から、首都マレ市で、公共の場でのマスク着用が義務となりました。
●8月4日(火)から8月6日(木)まで、官庁オフィスが新型コロナウイルス感染症拡散防止のため封鎖されています。
 
 
【本文】
1. モルディブ保健庁は、首都マレ市で、レストラン、カフェ、ショップ、サロン、ジム及びスーパーマーケット等の商店が、新型コロナウイルス感染症対策の点検を実施しています。
 感染症対策ガイドラインは、特設サイト「Phase III - Measures to Ease Lockdown」を参照してください。
 
2.8月1日(土)から、首都マレ市で、公共の場でのマスク着用が義務となりました。マスク未着用の場合、罰則金(MVR1000)が課せられます。 例外は、1)2才未満の乳幼児、2)運動中、3)マスクの着用が困難な者、です。  また、首都マレ市では23時から翌5時までの外出が禁止されています。
 
3.8月4日(火)から8月6日(木)まで、官庁オフィスが新型コロナウイルス感染症拡散防止のため封鎖されています。オンラインでの一般市民向けサービスは継続しているとこのことです。
 
4.その他
日本外務省/当館からのお知らせ(電子メール)の配信をご希望されない方は,次のサイトから手続きしてください。