新型コロナウイルスに関する注意喚起(39:観光客への注意)

2020/7/16
【ポイント】
●出発前
モルディブ入国管理当局は、観光客を含むモルディブへの入国を希望する者に、外国から出発する24時間前に氏名等及び健康状態を、電子申告するよう案内しています。
●観光旅行全般
モルディブ政府は、観光再開ガイドライン等を随時見直しており、観光客に諸注意事項を案内しています。
 
 
【本文】
1. 出発前
7月16日より、モルディブ出入国管理当局は、モルディブへの全ての渡航者(モルディブ国民、観光客、就労許可保有外国人とその家族、)に対してモルディブ出入国の24時間前までに、氏名・電子メールアドレス、顔写真、携帯電話番号、旅券番号、滞在先及び健康状態等を、モルディブ入国管理当局の特設サイト「IMUGA」で、事前申告するよう案内しています。(出国の24時間前にも必要とされているのでご注意ください。)
 
2. 観光旅行全般
(1)モルディブ政府は、観光再開ガイドライン等を通じ旅行者に、入国手続きから滞在、体調管理等を案内しています。
 
モルディブ観光省・旅行業再開ガイドライン(7月15日現在。今後、見直しが予定されています。)
 
 
 
3. 7月15日現在、日本外務省は、モルディブに対し、感染症危険情報「レベル3:渡航は止めてください。(渡航中止勧告)」を発出中です。
 
 また、モルディブへの直行航空便はないので、乗り継ぎで利用する経由地の情報にも注意してください。
 
4.日本に帰国後,検疫があります(PCR検査及び自己隔離14日間、公共交通機関の使用不可。)。
 
5.日本外務省/当館からのお知らせ(電子メール)の配信をご希望されない方は,次のサイトから手続きしてください。