新型コロナウイルスに関する注意喚起(62:モルディブ入国時の検疫措置再強化)

2021/5/2
【ポイント】
●5月3日より、モルディブに入国する全ての人は、ワクチン接種の有無に関係なく、出発に先立つ96時間以内に受けたPCR検査の陰性証明が必要となります。
 
【本文】
1 4月18日付新型コロナウイルスに関する注意喚起61( https://www.mv.emb-japan.go.jp/itpr_ja/11_000001_00180.html )にて、モルディブ入国時の検疫措置の緩和についてお知らせしましたが、再度、検疫措置が変更(強化)されました。
 
2 5月3日より、モルディブに入国する全ての人は、ワクチンの接種が2回完了していても、出発前96時間以内に受けたPCR検査の陰性証明が必要となります。なお、1歳未満の子供は免除の対象となります。
 
3 公共の場でのマスク着用義務他が課せられています。
 
4 各種規制に対する違反者には罰金が課せられますので、十分注意してください。
 
(問い合わせ先)
在モルディブ日本国大使館
代表 +960 3300087
緊急電話 +960 7788492又は+960 7788471
電子メール ryoujimale@mo.mofa.go.jp
お知らせ(電子メール)を希望されない方は、次のサイトから手続きしてください。
(在留届)https://www.ezairyu.mofa.go.jp/RRnet/residencereport/login
(たびレジ)https://www.ezairyu.mofa.go.jp/tabireg/simple/delete