新型コロナウイルス感染対応支援:医療機材無償資金協力

2020/6/8
   

 令和2年6月7日(日),柳井啓子大使とシャーヒド外務大臣は,6億円の無償資金協力に関する EN を署名しました。これにより特に地方の住民島における保健システム強化のための医療機材の調達が行われます。新型コロナウイルス感染症は,人間の生命を脅かすのみならず,人々の経済社会生活や個人の尊厳にとっても脅威であり,「人間の安全保障に関わる危機」 と呼ぶべき事態であることから,国際社会が一致して取り組む必要があります。特に医療体 制の脆弱な途上国における感染拡大防止は我が国への感染症流入を予防する観点からも極めて重要です。日本政府は今後とも国際社会と連携し,危機の克服へ主導的かつ積極的に取り組んでいく考えです。